京都から愛を叫ぶ 社会貢献イベントについて・・・

スタッフブログ 2022.9.14(Wed)

先日、日本愛妻家協会が群馬県嬬恋村と共催して実施ている「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」視察に、日本愛妻家協会京都支部で行ってきました(下記京都支部)

きっとこの記事を読んでくださっている多くの方が、馬鹿げた?おちゃらけた?イベントだと感じてらっしゃるのではないかと思います。正直なところ私も参加するまではそんな気持ちも少しありました(笑)

当日は町長の挨拶から始まり、今年で17回目のこのイベント。当日は駐車場も一杯で、続々と人が集まってきました。

17年前は愛妻の丘もなく、キャベツ畑しかない場所だったようです。今では道路も整備され素敵な愛の丘になっています。愛妻の町が商品化される品々もあり。経済効果も凄いと感じました。が何よりも参加者みんなの心が幸せな気持ちになるイベントです。(これは間違いない)

農林水産省の方もいらしていて、この方も京都開催にいらしてくださるとか???先日入電がありまりました。京都開催の詳しい情報のお問い合わせでした。農林水産省の方も今回初参加で、ド肝を抜かれたと仰っていました。また明治大学の水野ゼミの学生さんと、クラブ活動フラッシュモブの学生さん役30名程が、なんと京都開催に自腹でも来たいと申し出てくれているのです。

行政の方、若い学生さんまでもが、時間も交通費も使ってまでも「京都から愛を叫ぶ」に参加したいと思うそんなイベント!これは、当日参加しないと伝わらないかと・・・

ということで、今月下旬には詳しいことが告知できると思います。我こそは!という愛を叫びたい方のエントリ―シートも準備しますね!楽しみにしていてください!(姉)

群馬テレビ⁡
NHK ⁡